兵庫県立大学 看護学部・看護学研究科 災害看護 グローバルリーダー養成プログラム

JAPANESE / ENGLISH

共同災害看護学専攻

共同災害看護学専攻

DNGL教育理念

3つのポリシー

1) アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

本大学院の理念・目的に基づき、次のような資質をもつ人材を受け入れる。

  1. 災害看護グローバルリーダーとしてのビジョンを持っている人材。
  2. 災害看護グローバルリーダーとしての活動にコミットメントでき、その能力を伸ばしていける人材。

2) ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

修了要件は、履修単位を50 単位以上修得し、かつ必要な研究指導を受けて、博士論文の審査及び最終試験に合格することを定める。
審査においては、本課程の教育目的に対応した能力について総合的に評価を行い、修了要件を満たす者に博士(看護学)とし、 (DNGL:Disaster Nursing Global Leader) を付記する。

  1. 人間の安全保障を理念として、いかなる災害状況でも「その人らしく健康に生きる」ことを支援することができる能力を有している。
  2. 災害サイクル諸局面において「健康に生きるための政策提案」に取り組むことができる能力を有している。
  3. グローバルな視点から安全・安心社会の実現に向けて、産学官との連携を築き、制度やシステムを変革できる能力を有している。
  4. 学際的な視点、国際的な視点から災害看護学を構築し、災害看護学を研究開発できる能力を有している。

3) カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

豊かで高度な看護学専門知識を培い、学際的・国際的でグローバルな見識に基づいた研究を発展させ、特に災害看護学に関してその深奥を極め、人間の安全保障の進展に寄与する災害看護グローバルリーダーを養成するために、教育目的に基づき以下のようなカリキュラム(教育課程)を編成している。

  1. カリキュラムは、災害看護学の基盤となる「看護学の学問基盤に関する科目群」「災害グローバルリーダーに必要な学際的な科目群」、災害看護学を学問として構築する能力を養うための「災害看護学に関する科目群」、災害看護学に関する専門的な実践や研究、グローバルリーダーとしての機能・役割を身につけるための「災害看護学演習」「災害看護学実習」および「災害看護学に関する研究支援科目群」の6 つの科目群によって構成する。
  2. 学生が自分の関心や課題に沿って自律的に学び、グローバルリーダーとしての能力を培うことができるように、「災害看護学演習」および「災害看護学実習」の科目群に「インディペンデントスタディ」を科目として置く。
  3. 構成大学院(「高知県立大学大学院看護学研究科」「兵庫県立大学大学院看護学研究科」「千葉大学大学院看護学研究科」「東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科」「日本赤十字看護大学大学院看護学研究科」)は、学生が各構成大学院から10 単位以上の履修ができるように必要な科目を開講する。
  4. 学修の過程で、その成果を確認するためPreliminary Examination と QualifyingExamination を行う。
  5. 構成大学院の専任教員による研究指導体制の下で、災害看護学に関連する理論、高度な実践や研究についての知識を統合して災害看護学の「博士論文」を作成し、提出できるように編成している。

教育目的

人間の安全保障を共通理念とし、参画する大学院がそれぞれ蓄積してきた資源を共有し、日本や世界で求められている災害看護に関する多くの課題に的確に対応・解決し、学際的・国際的指導力を発揮し、人々の健康社会の構築と安全・安心・自立に寄与する世界的リーダーを養成する。

教育目標

看護学を基盤として、他の関連諸学問と相互に関連・連携しつつ、学術の理論および応用について産官学を視野に入れた研究を行い、特に災害看護に関してその深奥を極め、人々の健康社会の構築と安全・安心・自立に寄与することを目的とし、求められている災害看護に関する多くの課題に的確に対応し解決できる、学際的・国際的指導力を発揮するグローバルリーダーとして高度な実践能力を有した災害看護実践者並びに災害看護教育・研究者を養成することを目標とする。

学位の名称

博士(看護学)Disaster Nursing Global Leader

期待する人材像

  1. 人間の安全保障を理念として、いかなる災害状況でも「その人らしく健康に生きる」ことを支援できる人材
  2. 災害サイクル局面において、「健康に生きるための政策提案」に取り組むことができる人材
  3. グローバルな視点から安全・安心社会の実現に向けて、産官学との連携を築き、制度やシステムを変革できる人材
  4. 学際的な視点、国際的な視点から災害看護学を構築し、災害看護学を研究開発できる人材

修得できる8つの能力

  1. ●人間の安全保障を理念として活動する能力
    人間の安全保障を熟知した上で、それが人による対策で多く守られることを理解し、すべての活動の基盤とすることができる能力を養う。
  2. ●世界で起こっている自然・人的災害サイクル諸局面で発生する事象を判断する能力
    健康危機状況の発生プロセスや歴史的変遷を熟知し、その状況をアセスメントするとともに、災害サイクルに応じた戦略を選択する能力を養う。
  3. ●いかなる災害状況でも「その人らしく健康に生きる」ことを支援できる能力
    各看護学領域の知見を災害サイクルのなかに有機的につなぎ、災害発生時の多岐にわたる非日常と日常を見極め問題解決する力を養い、スペシャリティを軸として指導的役割が取れる能力を養う。
  4. ●学際的な視点から災害看護学を構築する能力
    学際的な視野に立ち、災害関連領域に関する高い学識・技術を用いて、災害看護学を体系化、災害看護学の構築に寄与できる教育者・研究者となる能力を養う。
  5. ●健康に生きるための政策提案に取り組むことができる能力
    災害に関する社会の反応に広く視野を持ち、人による安全保障の観点から、健康に生きるシステムを探求・研究し、横断的な場の多様な関係者との議論の中で、災害時の政策提言が行える能力を養う。
  6. ●安全安心社会の実現に向けて、産官学との連携する能力
    安心安全社会の実現に向けて、災害看護が生み出した研究をシーズとして新産業に結びつけ、更なるニーズを発掘し適切に研究に還元することを試み、研究活動や教育の新たな知とできる能力を養う。
  7. ●個人- 家族- 集団- 地域- 国際的なレベルグローバルな視点から制度やシステムを変革する能力
    地域におけるグローバルな健康問題について、確かな見識を持ち、個人―家族―集団―地域の関係を踏まえて、戦略を創造し構築し、そして変化する力を養う。そのために、海外活動を可能とする英語コミュニケーション力、異文化理解、介入側の倫理的態度、チーム形成力、変革力を養う。
  8. ●災害看護学を研究開発できる能力
    災害看護学に関わる知識構築のために、あらたな知や他学問領域の知を取り入れ、伝統的な研究方法だけでなく創造性豊かで高度な研究方法を駆使して牽引し、イノベーションを行う能力を養う。

修了要件

本課程において開講する授業科目と卒業に必要な単位数については、5 年一貫制博士課程共同災害看護学教育課程(資料1「教育課程等の概要」、7 ページ参照)に定めている。
修了要件50 単位のうち、40 単位は必修であり、10 単位は選択科目または選択必修科目から修得することを必要とする。選択必修科目は「災害グローバルリーダーに必要な学際的な科目群」から6 単位、「災害看護学に関する科目」から2単位、計8単位を修得することが必要である。また、それぞれの構成大学において、10 単位以上を修得しなければならない。

カリキュラムの概要

本過程は、6科目群から構成されている。

(1)看護学の学問基盤に関する科目群

災害と人々の健康に関するさまざまな看護現象を把握し、問題や課題解 決につなげていくために必要となる理論や倫理、研究方法についての科目

  • 看護研究方法
  • 理論看護学Ⅰ
  • 理論看護学Ⅱ
  • 看護倫理
  • 看護情報統計学
  • 保健学的・疫学的研究法
  • 看護研究方法論Ⅰ(国際比較研究)
  • 看護研究方法論Ⅱ(エスノグラフィー)
  • 看護研究方法論Ⅲ(ケーススタディ・アクションリサーチ)
  • 看護研究方法論Ⅳ(グラウンデッド・セオリー)
  • 看護研究方法論Ⅴ(現象学的研究方法)
  • 看護研究方法論Ⅵ(介入研究・尺度開発含)

(2)災害看護グローバルリーダーに必要な学際的な科目群

災害と人々の生活・文化、社会システム等の多様性を理解し、危機管理、防災、政策等の問題を学際的に検討していくための科目

  • 危機管理論
  • 環境防災学
  • グローバルヘルスと政策
  • 専門職連携実践論
  • 災害医療学
  • 災害情報学
  • 災害心理学
  • 災害と文化
  • 災害社会学
  • 災害福祉学
  • Professional writing
  • Proposal writing(Research proposal writing skill)
  • Program writing(Program Proposal writing skill)
  • Program writing(Program Proposal writing skill)

(3)災害看護学に関する科目群

災害看護活動に必要な知識と実践能力、および災害に特化した理論構築 と倫理を修得していくための科目

  • 災害看護学特論
  • 災害看護活動論
  • 災害看護活動論Ⅱ
  • 災害看護活動論Ⅲ
  • 災害看護理論構築
  • 災害看護グローバルコーディネーション論
  • 災害国際活動論
  • 災害看護管理・指揮論
  • 災害看護倫理

(4)災害看護学演習

さまざまな災害状況における状況判断や意思決定能力をシミュレーション教育によって修得するとともに、災害時に必要な看護実践能力を修得するための科目

  • 災害看護活動論演習Ⅰ
  • 災害看護活動論演習Ⅱ
  • 災害時専門職連携演習(災害IP 演習)
  • 災害看護グローバルリーダー演習
  • インディペンデントスタディ(演習)A
  • インディペンデントスタディ(演習)B
  • インディペンデントスタディ(演習)C
  • インディペンデントスタディ(演習)D
  • インディペンデントスタディ(演習)E

(5)災害看護学実習

国内外の保健医療機関、行政、災害関連の研究機関や団体等におけるインターンシップや被災地における実習等の活動を通して実践能力を育成していく科目

  • 災害看護活動論実習Ⅰ
  • 災害看護活動論実習Ⅱ
  • インディペンデントスタディ(実習)A
  • インディペンデントスタディ(実習)B
  • インディペンデントスタディ(実習)C
  • インディペンデントスタディ(実習)D
  • インディペンデントスタディ(実習)E

(6)災害看護学に関する研究支援科目群

災害看護活動をエビデンスに基づき実践するとともに、その活動の成果を研究として積み重ね、論文としてまとめていく能力を育成するための科目

  • 実践課題レポート
  • 災害看護研究デベロップメント
  • 博士論文

担当教員/専任教員

担当教員 : 片田範子教授
専任教員 : 山本あい子教授