兵庫県立大学 看護学部・看護学研究科 災害看護 グローバルリーダー養成プログラム

JAPANESE / ENGLISH

メッセージ / 研究科長挨拶

平成26 年4月から、兵庫県立大学大学院看護学研究科には、看護学専攻と共同災害看護学専攻の二つがおかれています。共同災害看護学専攻は5 年一貫の博士課程で高知県立大学、東京医科歯科大学、千葉大学、日本赤十字看護大学とともに災害看護のグローバルリーダーを育成することを目指しています。日本で初めての試みとなりますが、世界で多発する多様な災害に対して、国を超え人々の生活を支援し、政策や地域・組織の変革を学際的に考え、発言する力を備えた人を育成します。この試みに参加できることを兵庫県立大学は光栄に思うと同時に、これまでの本学の歩みの成果の結実の一つだと思っています。

兵庫県立大学大学院看護学研究科は兵庫県立看護大学看護学部が完成年次を迎えた平成9 年4月に看護学修士課程を設置し、その2年後には博士後期課程を開いてきました。平成12年、日本看護系大学協議会専門看護師教育課程認定の開始と同時に7領域において認定を受け、高度実践看護を視野に置きながら、多くの専門看護師を輩出しています。

この間、我々の大学は阪神淡路大震災という困難に遭遇し、その中で健康な生活をおくるためには安全と安心が最重要課題であること、それは看護の基本と重なり、我々の責務であることを実感しました。災害時には、その場で、そこにいる人々にとって必要なことを柔軟に考える力、交渉する力、実践する力が必要であることも実感しました。さらに、支援活動は日本を超えて世界の人々との協働を生み、研究活動に発展し、それらの結果を体系的にまとめる学会創設につながりました。私達は、災害看護学の構築を目指して、博士後期・前期課程の教育を始めました。これらの活動は災害時ボランティア看護師派遣システムの構築、まちの保健室活動への発展、国内・国外の災害看護学会の構築、災害看護拠点の形成、WHO災害看護協力センターの誘致という成果を生み出してきました。

こうして災害看護の基盤とネットワークを作ってきた兵庫県立大学看護学研究科ですが、共同教育課程に参画した意義は、災害は広く人々の英知を結集する経験の中で、培われていくものだという考えからです。グローバルな発想は、ローカルを知り、その多様性に対応する力から生まれます。あなたのローカルは他の人のグローバルにつながるという考えから、多職種や他の組織に身を置き、多様な発想、文化、価値観を楽しみ尊重しながら、必要なケアを見極める実習を計画しています。教師と学生が共にそれぞれが持つ力を出し合って、課題にチャレンジしていくような教育をしていきたいと思っています

原点はそれぞれの学生が持つ好奇心と指向性です。それを深く掘り下げることで、知見の集積がうまれ、学問が発展することを期待しています。是非一緒に学問をしましょう。