活動報告

欅祭り(兵庫県立大学明石看護キャンパス)でDNGLイベントを開催

平成29年度欅まつりでの防災啓発

 

平成29年5月14日、兵庫県立大学明石看護キャンパスで開催された欅まつりで防災啓発を行いました。当日は70名近くの方に来場いただき、小さなお子様連れのご家族からご高齢の方まで、多くの方に災害の備えについて考えていただく機会となりました。

避難生活に伴う困難事例の展示では、「体調に合った食事の確保」「プライバシーの確保」「避難所での活動量を維持」の3点について実際の状況を示す写真や資料を展示し、問題解決に向けたアイディアを募りました。いずれも解決の難しい問題ですが、備蓄食の工夫や避難所の運営方法の工夫、住民同士の助け合い等、前向きな解決方法をたくさん提案いただきました。阪神・淡路大震災の経験者の方々からは、「いい食事、これだけ食べられたらいい」というご感想もあり、まだ課題はあるものの確実に改善されている点があるということも実感しました。

2017_keyaki_08

非常用持出袋と簡易トイレの展示では、準備が必要な基本物品を見ていただくとともに、基本物品を詰めたバックの重さを体験していただきました。外国の方々のご来場もあり、ご家庭での備えの内容や水・食料を備蓄する大切さについてお話することができました。例年欅まつりにお越しくださっているご家族からは、「ここに来るたびに備えを見直さなきゃと思う」と言っていただき、不足している物品や子供が持てるバックの重さについて考えておられる様子を見ることができました。

2017_keyaki_07

昨年度、DNGL兵庫では熊本地震への支援活動を行ってきました。この度の欅まつりでは、その1年間の支援活動の様子をポスターにまとめ会場に展示させていただくとともに、被災住民の皆様の生活不活発病予防のために考えたタオル体操を来場者の皆様にも体験していただきました。タオル体操に参加いただいた方々からは、「背筋が伸びて気持ちがいい」とご好評をいただき、家でも行えるよう体操の仕方を写真に撮られる方や、リーフレットを求められる方もおられました。また、支援活動の様子をご覧いただいた方からは、「実際の被災地の状況を知ることができた」「自分ができることを考えたい」といった声や、ご自身の避難経験を振り返り、当時の避難所の様子や運営方法についてのお話を聞かせていただくことができました。

2017_keyaki_062017_keyaki_09

欅まつりでの防災啓発は例年実施していますが、毎年、来場者の皆様との交流を通して、被災地支援に継続的に携わることの重要性と支援活動を通して得た学びを今後の備えに繋げていく必要性を実感させていただきます。今後も、災害看護に対する学びを深め、災害支援や防災支援に活かしていきたいと思います。

(記事: 山村)

 

***編集後記***

快晴に恵まれた5月14日、兵庫県立大学明石キャンパスで「欅(けやき)祭り」が開催され、看護体験、まちの保健室、スタンプラリー、模擬店・バザー、地域のみなさまや子供たちによる王子太鼓実演やアルプスホルンのコンサートなどのイベントは大盛況でした。

~地域ケア開発研究所で行われたDNGLイベント~

 *熊本地震の活動などの紹介や防災リュック(非常持ち出しセット)・簡易トイレなどの展示

 *自分たちにできる(提供する/される)ことって何だろう?を3つの場面で考えるワークショップ

 *「からだほぐし体操」の実演

備えの時期から復興までを体験できるスペースでした。来場された方にあわせ、話を聞いたり、アドバイスをしたり、一緒に考えたりとこれからの災害看護を支えるDNGLの学生さんたちに期待しないではいられません。

170514_keyaki_06

・・・つぶやき・・・

小さなかわいいお客様と被災後の生活で自分ができることをたくさん話しました。
「何でも言っていいんだよ」が伝えられたらもっとアイディアが出たかな?
来年は、学部の防災コーナーとコラボも楽しそう。

(mishina)

【DNGL event at the KEYAKI―MATSURI in 2017】

 May 14th was blessed with fine weather.

At the school festival, we offered nursing experience, health center in the town, stamp rally, food stands and a bazaar. In addition, local residents and children demonstrated Oji Taiko and Alps Horn concert. The KEYAKI- festival ended successfully.
The DNGL event took place at the Research Institute of Nursing Care for people and community, and a lot of people participated.

* Introduction of activities of the Kumamoto earthquake, Disaster prevention backpack (emergency carry-out set) , Exhibits such as a simple toilet.
* What can we do (to be offered / done)? Workshop on thinking 3 Scenes.
* Demonstration of ‘body lumping gymnastics’ using towels

 There was a space available to experience from “preliminary period” to “revival period”.
DNGL students listened to the story of their opponents, advised, they were going with their opponents to think together. I can’t help expecting from DNGL students who support disaster nursing in the future.

  · · · tweets · · ·
I talked a lot about “what I can do” with the little cute customers in the life after the disaster. If my message is conveyed “You can say anything”, be able to hear more ideas.Next year, it seems that to be enjoying collaboration with the disaster prevention event of undergraduate nurse.

 Mishina