活動報告

グローバルヘルス・キャリア入門セミナーを開催しました

看護職人材のためのグロバールヘルス・キャリア入門セミナー

2018年9月20日(木)に「看護職人材のためのグロバールヘルス・キャリア入門セミナー」を開催しました(共催:国立国際医療研究センターグローバルヘルス人材戦略センター、聖路加国際大学)。
本セミナーは、聖路加国際大学(東京)と兵庫県立大学地域ケア開発研究所(兵庫)に加え、ブルキナファソ、ヨルダン、フィリピンにいるシンポジストをインターネット会議システムで結んで行われました。


各シンポジストには、グローバルヘルスをキャリアとして選んだ経緯や今の仕事内容、看護師としての経験がどのように活きているのかなどについて、お話いただきました。
兵庫会場には、高知県立大学の南裕子先生がご登壇し、自らのご経験に基づいて、若い力が世界の扉を開ける様を生き生きとご紹介くださいました。
グローバルヘルス人材戦略センターの中谷比呂樹先生からは、グローバルヘルスでキャリアを開拓していくためのステップについて具体的にご説明いただき、自らの関心に応じてキャリアを選択し、自分の「なりたい」を実現するようにと、参加者に熱いエールが送られました。


平日の夕方開催にも関わらず、兵庫会場には30名近くの方々が集まりました。世界に目を向ける看護職が夢を実現するための活動を今後も続けていきたいと思います。