イベント

2017年12月17日(日)外国人対象の防災ワークショップを開催します

 

外国人対象の防災ワークショップ

県内の外国人支援団体や地域住民、自治体職員と協働し、外国人対象の防災ワークショップを企画しています。今回は3回目の実施であり、避難所生活の体験をテーマにしました。

グローバル化に伴って日本に在住する外国人の数が増加しつつあり、防災教育を受けていない、また日本文化に慣れていない外国人が災害に遭遇するリスクも高くなっています。

地域住民対象の防災訓練には語学やコミュニティの壁が障害となり、なかなか参加することができない問題もあったため、言語サポートと外国人の特性に配慮したワークショップになる予定です。

外国人支援に携わっている方、外国人住民の方、国際交流や防災活動に関心のある方のご参加をお待ちしています。

20171217防災ワークショップ案内チラシ(配信用)

(文責:藤田さやか)

 

We are planning disaster preparedness workshops for foreigners in Hyogo prefecture. This time is the third implementation, and the theme is the Evacuation shelter life.

Along with globalization, the number of foreigners are increasing, the risk of foreigners who are not receiving disaster education and not fitting to Japanese culture encountering disasters also increase.

Disaster preparedness drills targeting local residents have become obstacles due to language and community barriers. What’s more, there are also problems that foreigners cannot be easily attended because of the lack of information acceptance. So this workshop is planned to take into consideration of language support and the characteristics of different culture. 

We are waiting for the participation of people who are engaged in foreigner’s support, foreign residents who live in Japan, and people who are interested in international exchange and disaster preparedness activities.

(Sayaka Fujita)

bousai_ WS_1bousai_ WS_2

20171217防災ワークショップ案内チラシ(配信用)